2019年6月

2019年6月4日(火)18:30開場/19:00開演

特別企画・映画『作兵衛さんと日本を掘る』公開記念ライヴ

黒田京子さんが音楽を担当したドキュメンタリー映画『作兵衛さんと日本を掘る』の公開を記念して行われるライヴです。
(喜多は同作品で黒田さんと共に演奏を担当。)
映画は5/25より東中野・ポレポレ坐にて上映されています。
ライヴの後は地下一階の映画館で作品をご鑑賞いただけます。
※ライヴでは熊谷博子監督のトークも行われる予定です。

映画『作兵衛さんと日本を掘る』公式サイト

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)
   黒田京子(ピアノ)
内容:映画のために作曲された音楽、他

日時:2019年6月4日(火)18:30開場/19:00開演
会場:Space&Cafeポレポレ坐(東中野)
   東京都中野区東中野4-4-1-1F
   03-3227-1445

料金:前売2500円/当日3000円(1ドリンク付き)
予約・問合せ:ポレポレ東中野 03-3227-1445

​フライヤーPDFダウンロード

2019年6月5日(水)15:00~

久田舜一郎(小鼓)喜多直毅(ヴァイオリン)

つくば国際アーティスト・イン・レジデンス アーカイブ

周縁から中心へ 展[総合]

 

2013年より筑波山麓で行われている筑波国際野外現代美術展の総括となる展覧会。

絵画・彫刻・写真など国内外のアーティストの作品が展示されます。

[出品者数76人/出品点数76点]

 

《イベント》

6月5日(水)茨城県つくば美術館展示室内にて

 

◉シンポジウム

14:00~

「160万人都市における現代美術の動きと力」

*参加作家によるシンポジウム

 

◉オープニングイベント  

15:00~

コントラバスと小鼓による競演

「水無月から神無月へ」

出演:久田舜一郎(小鼓)喜多直毅(ヴァイオリン)

 

急逝されたコントラバス奏者の齋藤徹さんの代理を努めさせて頂きます。

Add Date here

ENSEMBLE 5 WEDNESDAY 4+1 SERIES

HEINZ GEISSER percussion

FRIDOLIN BLUMER bass

RETO STAUB piano

ROBERT MORGENTHALER trombone

 

Guest

NAOKI KITA violin

 

13. June. DO

START: 20.15H

EINTRITT: 20.-/15.-

 

WIM, Zürich

Magnusstrasse 5

8004 Zürich

NAOKI KITA (violin player and composer)

 

After graduating from Kunitachi College of Music, Kita went to England to learn composition and arrangement. He studied under tango violinist Fernando Suarez Paz in Argentina and joined bandoneon player Ryota Komatsu on his South American concert tour. After that, he gained experience in tango, progressive rock, Arabian music, and free jazz. In recent years, he has been putting his focus on playing improvisational music and his own compositions, both in and outside of Japan. In addition, he has collaborated with Japanese traditional musicians, Korean traditional musicians, and contemporary dancers. He has also performed in Europe many times.

 

He has played with Barre Phillips (contrabasss), Jean Laurent Sasportes (solo dancer of Tanztheater Wuppertal Pina Bausch), Sebastian Gramms (contrabass), Rodger Turner (drums), Tristan Honsinger (cello) and so on.He has been garnering attention as one of the most radical violinists in Japan.

ENSEMBLE 5

 

Das Quartett um den Schweizer Schlagzeuger Heinz Geisser - bekannt durch seine langjährige Zusammenarbeit mit Bassist William Parker im Collective 4tet - spielt radikale Musik.

 

Das telepathische Interplay der vier Protagonisten unterschiedlicher Herkunft bildet die Basis für diese farbige und dynamische Musik, welche im Moment und an der Grenze zum Unbekannten entsteht. Die Musik spielt in der heutigen Zeit, ohne jemals an die Limitationen und Befürchtungen zu denken, welche die Zugehörigkeit zu einem musikalischen Genre einschliessen würde.

 

Die Working Band besteht seit 2010 und hat eine eigene Sprache im Spannungsfeld zwischen Jazz und zeitgenössischer Musik gefunden. In der Presse wurde sie auch schon als "eines der prickelndsten Ensembles des NowJazz" beschrieben.

 

Neben zahlreichen Konzerten in Europa war das Ensemble 5 auf Tournee in Japan und seit 2014 veranstaltet es die Konzertreihe "Wednesday 4+1 Series".

Das renommierte britische Label LEO RECORDS hat bisher vier Alben vom Ensemble 5 veröffentlicht. Die CD "The Summary of 4" wurde vom Magazin The New York City Jazz Record unter "Best of 2014" ausgezeichnet. Im Frühling 2019 erscheint das neue Album "The Collective Mind".

WEDNESDAY 4+1 SERIES

 

Seit 2014 veranstaltet das Ensemble 5 die Konzertreihe "Wednesday 4+1 Series" in der WIM (Werkstatt für improvisierte Musik Zürich): Einmal im Monat wird ein Gastmusiker/eine Gastmusikerin eingeladen und das Quartett ad hoc zum Quintett erweitert.

Es finden weder Proben noch Absprachen mit den Gästen statt, die Musik entsteht am Konzert, archetypisch und der Intuition folgend.

 

Das regelmässige Zusammenspiel mit wechselnden Gästen hat das musikalische Funktionieren des Ensemble 5 stark beeinflusst und den unverkennbaren Bandsound reifen lassen.

Schnelles aufeinander Reagieren und genaustes Zuhören lassen auch bei Auftritten im Quartett noch nie gehörte Klangräume entstehen, welche sich im kollektiven Gedächtnis der Band niedersetzen und das Material für weiter in die Tiefe reichende musikalische Ereignisse bilden.

 

Wie die Musik wohl in einem Jahr klingen wird?

Das Publikum der "Wednesday 4+1 Series" hat die einmalige Gelegenheit, die Entwicklung live mitzuerleben.

 

Die Saison 2015/16 wurde integral vom Schweizer Filmer Franz Bannwart dokumentiert und hier veröffentlicht.

19. June. 2019

MATHEMATICS AND COMPUTATION IN MUSIC 2019

MA - Music of Change

Naoki Kita, violin

Guerino Mazzola, grand piano

Heinz Geisser, drums and percussions

 

The free jazz collaboration duo of drummer Heinz Geisser and pianist Guerino Mazzola has lasted twenty years now. In April 2017 they had a series of six highly acclaimed concerts in Tokyo and Yokohama, resulting in three CD productions including Ma, with the collaboration of Japanese violinist Naoki Kita.

Geisser and Mazzola strongly adhere to the idea that music should transform with virtuosity gestures and thoughts in the imaginary time of our consciousness into real sound structures that shape the body of time instead of following any external baton. Naoki Kita?s performances include a blend of original music and improvisation and the transformation of the duo in trio has created new avenues.

 

19. June. 2019

the Real Conservatorio Superior de Música de Madrid

2019年6月27日(木)19:00/19:30

喜多直毅ヴァイオリンソロリサイタル

主に自身のクアルテットの為に作曲されたドラマ性溢れる作品をヴァイオリン一本で演奏。

狂気、怒り、葛藤、憂愁…、これまで描いてきた音楽世界が“旋律”へと凝縮される時、新たなる情景が浮かぶだろう。

アルゼンチンタンゴから即興演奏まで、独自の道を歩み続ける喜多直毅の一人舞台。

 

※本公演は齋藤徹氏とのデュオリサイタルの予定でしたが氏の逝去により内容を変更し、喜多直毅のソロリサイタルと致しました。

改めて心から哀悼の意を表します。

 

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)

内容:オリジナル作品、即興演奏、他

 

日時:2019年6月27日(木)19:00/19:30

会場:ソノリウム(永福町)​

   168-0063 東京都杉並区和泉3-53-16 

   TEL 03-6768-3000

   京王井の頭線 永福町駅下車(北口) 徒歩7分 

   東京メトロ丸の内分岐線 方南町駅下車 徒歩10分

 

料金:予約¥3,000/当日¥3,500

 

ご予約/お問い合わせ

◾︎メール:violin@nkita.net

※メールタイトルは「喜多ソロ」、メール本文に《代表者氏名》《人数》《連絡先電話番号》を 必ずご記入の上、お申し込み下さい。

 

◉ ご予約に際しての注意事項

・ご予約の締め切りは公演前日6月26日深夜12:00までとさせて頂きます。

・10歳以下のお子様のご入場はお断りする場合がございます。

 

主催・企画制作:喜多直毅

制作アシスタント:山本悦子

協力:齋藤真妃

2019年6月28日(金)17:00開場/18:00開演

池田みさ子(pf)早川純(bandoneon)喜多直毅(violin)

出演:池田みさ子(ピアノ)

   早川純(バンドネオン)

   喜多直毅(ヴァイオリン)

内容:アルゼンチンタンゴ

 

日時:2019年6月28日(金)17:00開場/18:00開演

会場:狛江オルテンシア(和泉多摩川)

   東京都狛江市東和泉3-7-4

   070-5553-0905

   小田急線和泉多摩川駅南口下車徒歩3分

 

料金:¥4,000(1drink/¥500付き)

予約:070-6463-0527 pascomtango@yahoo.co.jp

2019年6月30日(日)14:00開場/15:00開演

喜多直毅タンゴトリオ:喜多直毅(ヴァイオリン)北村聡(バンドネオン)松永裕平(ピアノ)

出演:喜多直毅(ヴァイオリン)

   北村聡(バンドネオン)

   松永裕平(ピアノ)

内容:アルゼンチンタンゴ

アルゼンチンタンゴのスタンダードナンバーから、特に美しいメロディを持つ楽曲を選び演奏するトリオ。演奏家三人は現代の日本のタンゴシーンを担う名手達。バンドネオン、ヴァイオリン、ピアノという典型的なタンゴトリオ編成によって奏でられる音楽は郷愁と情熱に溢れ、聴く人の心を南米のパリ・ブエノスアイレスの街角へと誘う。

 

主な演奏曲:

ラ・クンパルシータ、夜明け、愛する故郷、パリのカナロ、他

 

喜多直毅

国立音楽大学卒業後、渡英し作編曲を学ぶ。その後アルゼンチンにてタンゴヴァイオリン奏者のフェルナンド・スアレス・パスに師事。志賀清、京谷弘司、小松亮太らのオルケスタに参加する他、ソリストとしての活動も行う。その後、プログレッシヴロック、アラブ音楽、フリージャズなどに演奏分野を拡大し、近年は即興演奏やオリジナル楽曲を中心とした演奏活動を行っている。2011年よりメインプロジェクトとして喜多直毅クアルテットを開始。出自であるタンゴと様々な音楽の融合による独自の世界を創り出している。黒田京子とのデュオでは、即興性を重視したユニークな編曲で映画音楽・昭和歌謡・オリジナル作品を演奏している。即興演奏を中心とする齋藤徹の企画へも多数参加。日本や韓国の伝統音楽奏者との共演、コンテンポラリーダンス作品への参加では国内のみならず欧州での演奏活動も多い。

 

北村聡

関西大学在学中にバンドネオンに出合い小松亮太、フリオ・パネに師事。世界各国のフェスティバルに出演。これまでに鈴木大介、舘野泉、波多野睦美、夏木マリ、エゴ・ラッピン、パブロ・シーグレル、ミカ&リチャード・ストルツマン、東京交響楽団と共演。タンゴだけに留まらず他ジャンルの音楽家と交流し、繊細な表現には定評がある。NHK「八重の桜」、映画「そこのみにて光輝く」「マスカレード・ホテル」をはじめ様々な録音に参加。現在喜多直毅クアルテット、三枝伸太郎Orquesta de la Esperanza、大柴拓カルテットなど数多くの楽団に参加、活動中。

 

松永裕平

国立音楽大学卒業後岩手県盛岡市のレストラン「アンサンブル」で八年間研鑚を積む。

ポピュラーピアノを小原孝、音楽理論全般を箱石啓人に師事。

古典タンゴを軸足に据え北村聡(bn)田中伸司(cb)とともに自身のトリオ、ピアノソロ他多数のタンゴユニットに参加。幅広い活動を展開。小松亮太(bn)須川展也(sax)奥村愛(vl)中心のタンゴコンサート「ハッピータンゴアワー」に参加。

NHK歌謡コンサートにてクミコ(vo)と共演。2017年より菅原洋一(vo)の伴奏も務める。

 

日時:2019年6月30日(日)14:00開場/15:00開演

会場:雑司が谷TANGO BAR エル・チョクロ

   〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-2-8

   03-6912-5539

 

料金:ご予約¥4,000 当日¥4,500

学割(30歳まで)ご予約¥1,500 当日¥2,000

予約・問合せ:エル・チョクロ

   03-6912-5539/info@el-choclo.com

   violin@nkita.net(喜多)

Please reload

喜多直毅 Naoki Kita