REVIEW

October 05, 2019

高く澄んだ空—-無心に見上げるアルバム・ジャケットさながら、「残された空」の冒頭の一音が響くや、心は自然に吸い上げられる。まろやかで深い音色。弦が擦れるまさにその瞬間の空気のたわみも、生活音のように聴き手の皮膚にすっとなじむ。胸襟が開かれる。心音を聴くように、こころの内部へと降りてゆく。(記事より抜粋)

記事:伏谷佳代

August 30, 2019

多層をなす奇抜な構造に度肝を抜かれると同時に、流れ落ちるピュアなパッションに心洗われる—こうした相克的体験はそのまま生の矛盾そのものだ。(記事より抜粋)

​​記事:伏谷佳代

August 02, 2019

激して震える声、耐えしのんで絞り出す声、むせび泣き、嗚咽、絶望の吐露、裏返しの喜悦。ベタとも思える歌謡と民謡の通俗的音世界が、カバーを超えてこのようにまで昇華され、一周して再び情念の世界に戻ってきている。とても面白いことではないか。(記事より抜粋)

​文章:齊藤聡

April 05, 2019

宗教的な特性と安易に結びつけるべきではないが、その厳しさや直線的で刃のような立ち昇り、切り返しの激しさに、仏教的なループの緩やかさはない。(記事より抜粋)

文章:伏谷佳代

November 30, 2018

これだけの辣腕揃いになると、言うまでもなく個々の音楽が完成した小宇宙をもつ。自然発生的ながら、張り詰めたテンションはいかなる時も健在。自らを知り抜いていることが他者への自然な配慮となって現れる。融和し、拮抗し、促し、時に出し抜く、究極のアンサンブル。包容力に満ちるが、無駄やたるみが一切ない。

Needless to say, each and every one of them is outstanding figure in the field and has established strong musical view respectively. Their interplay is spontaneous, but never loose intensity of tension at any time. The fact that they thoroughly know their own music is emerged as tolerance to others. Harmonizing, counteracting, urging, and sometimes outwitting each other, ultimate forms of emsemble shows up. The music is full of generosity, but there is no slacking moment.

​伏谷佳代 / Kayo Fushiya

November 02, 2018

清濁併せ呑む風格、血の通った威厳。昨今失われた、或いは生き様の根源に関わりながらも捉えられないものだからこそ追わずにはおれない。音によって畳みかけられた60分の余韻には、若干痛みも伴う。痕跡を超えた、音楽の爪痕である。
​伏谷佳代

August 31, 2018

境界音楽の騎手として、このクァルテットはどこまで疾走し続けるのだろうか。今後も目が離せない/As cutting-edge of transborder music, just how far will this quartette keep ranging? We cannot take our eyes off them.
​伏谷佳代 / Kayo Fushiya

#1004 『喜多直毅クアルテット:呪詛〜沈黙と咆哮の音楽ドラマ/Naoki Kita Quartette: Curse—A Music Drama of Silence and Roaring』

March 31, 2018

うたかたの酔い、澄みゆく空気の推移から氷塊のクラッシュまで、組んず解れつ切り替わるシーンの連結。個々の演奏家のエッジィな部分が共振しては勃興する音の気配、香気。彼らの音楽は全員の総和でなく相乗で成り立っている。

文章:伏谷佳代

From the intoxication of effervescent bubbles, the quiet shift of crisp air, to the crash of a heavy block of ice, we experience the dramatic interconnection of changing scenes locked in a fierce and powerful struggle. Each musician’s edgy parts resonate and rise to power, hinting at the signs and fragrances within the sound. Their music is a synergy, rather than the simple sum total of all members.
​Text: Kayo Fushiya

February 01, 2018

Ma

Naoki Kita, violin
Guerino Mazzola, grand piano
Heinz Geisser, drums and percussion

 

Ma
1. Unit Gestures .14:50
2. Ma 13:52
3. Daydream .11:03
4. Three In One 20:19

Recorded live at Koendori Classics, Shibuya – Tokyo on April 22, 2017 by Hayato Ichimura
Mixed and mastered by Hayato Ichimura at studio ATTK, Fuchu-shi – Tokyo
Produced by Heinz Geisser and Guerino Mazzola
Layout and Design by Ted Killian
Naoko Kita plays a violin made by Minoru Matsumoto
Special thanks to Mika Ito and Taro Yokota
Thank you to the University of Minnesota Imagine Fund for recording and post-production expenses
mazzola@umn.edu • heinz@geisser.com • nkita@me.com
All music by Heinz Geisser (Suisa) – Guerino Mazzola (Suisa) – Naoki Kita
℗ and © 2018 All rights reserved

pfMENTUM
PFMCDX116
www.pfmentum.com

November 09, 2017

音に親しむための今月の3枚

文章:小沼純一

​喜多直毅クアルテット Winter in a Vision 2

December 31, 2017

圧倒的な演奏力と物語構成力で、期待を裏切らない進化をみせるクアルテット。無音の部分にこそひた寄せる鬼気がある。人間の業や人生の割り切れなさが照射され、鮮烈なイメージ喚起力とともに変転していく。聴いていて全く楽ではない彼らの音楽は、「表現せずにはいられない」という崖っぷちの必然性を常に感じさせる点で芸術の根源に忠実だ。ひりつくほどに美しい。個々のメンバーの今後の成熟を予想すると末恐ろしいほど。

2017/10/31 #983 ロジャー・ターナー、喜多直毅、齋藤徹

2017年10月20日(金) 横濱エアジン

 

Report and photos by Akira Saito 齊藤聡

 

Roger Turner (ds)

Tetsu Saitoh 齋藤徹 (b)

Naoki Kita 喜多直毅 (vln)

July 31, 2017

Text by Kayo Fushiya 伏谷佳代

 

OTTAVA records: 2017

OTTAVA-0014

 

喜多直毅 (Naoki Kita): violin

田中信正 (Nobumasa Tanaka): piano

July 31, 2017

text by 鈴木一哉 (月刊ラティーナ2017年8月号掲載)

2017/8/1 #965 喜多直毅&田中信正 “Contigo en La Distancia” ニューアルバム完成記念コンサート Naoki Kita & Nobumasa Tanaka: Celebrating concert of the release “Contigo en La Distancia”

July 31, 2017

2017年7月14日(金)@東京/永福町sonorium

Sonorium, Eifuku-cho, Tokyo/July 14(Fri), 2017

 

Reported by 伏谷佳代 Kayo Fushiya

 

<出演/Performance>

喜多直毅 (ヴァイオリン) Naoki Kita (violin)

田中信正 (ピアノ) Nobumasa Tanaka (piano)

2017/7/1 #960 喜多直毅クアルテット〜”Winter In A Vision 2”リリース記念コンサート』 Naoki Kita Quartette: celebrating concert of the release “Winter In A Vision 2”

June 30, 2017

2017年6月10日(土)東京・求道会館 Kyudo-Kaikan,Tokyo/June 10 (Sat), 2017

 

Reported by 伏谷佳代 Kayo Fushiya

June 30, 2017

text by 鈴木一哉 (月刊ラティーナ2017年7月号掲載)

April 29, 2017

2017年4月15日(土) 東京・幡ヶ谷アスピアホール

 

Reported by 齊藤聡 Akira Saito

 

喜多直毅クアルテット:

Naoki Kita 喜多直毅 (vln, music)

Satoshi Kitamura 北村聡 (bandoneon)

Shintaro Mieda 三枝伸太郎 (p)

Kazuhiro Tanabe 田辺和弘 (b)

December 28, 2016

text by Kayo Fushiya 伏谷佳代

 

積極的にヨーロッパ各地での公演を重ねているだけあり、喜多直毅の演奏には経験値と凄みがある。発想だけではなく、どのジャンルであり「実際どれだけ楽器自体を弾けるか」が厳然たる尺度として存在するヨーロッパの第一線では、前提とされる基礎体力が異なってくる。自己名義でのこのクアルテットでも、当然海外公演を視野に入れているであろうことがひしひしと伝わってくる。

December 28, 2016

2016年12月20日(火) 東京・永福町ソノリウム

 

Reported by 伏谷佳代 Kayo Fushiya

 

喜多直毅クアルテット;

喜多直毅 (音楽とヴァイオリン)

北村聡 (バンドネオン)

三枝伸太郎 (ピアノ)

田辺和弘 (コントラバス)

April 30, 2016

2016年3月31日 ティアラこうとう・小ホール

Reported by Makoto Ando 安藤誠

Photo by Masabumi Kimura 木村雅章

 

Naoki Kita Quartette

Naoki Kita 喜多直毅 – violin and music

Satoshi Kitamura 北村聡 – bandoneon

Shintaro Mieda 三枝伸太郎 – piano

Kazuhiro Tanabe 田辺和弘 – contrabass

2016/3/31 自我を持ち始めた日本タンゴ界のサウンド

喜多直毅クアルテット「挽歌─沈黙と咆哮の音楽ドラマ─」ライヴ・レポート

文:近藤秀秋、写真:茂谷さやか

2015/12/27 #869 このライブ/このコンサート2015国内編#06 『うたをさがして』

December 26, 2015

2015年11月22日 ギャラリー悠玄(東京・銀座)

 

齋藤徹 (b)

さとうじゅんこ (vo)

喜多直毅 (vl)

 

text and photos by Akira Saito 齊藤聡

November 26, 2014

北のヴィジョンとタンゴ的情念が一体化した喜多直毅の世界

interview & text:松山晋也 

2014/8/5 喜多直毅Quartette ~WIINTER IN A VISION~

August 04, 2014

LINER NOOTES
text by 小沼 純一(音楽・文芸評論家/早稲田大学教授)

Please reload

喜多直毅 Naoki Kita