2015年2月

2015年2月12日(木)夜公演

『オペリータ“うたをさがして”』CD発売記念コンサート

出演:齋藤徹(cb)

   さとうじゅんこ、松本泰子(vo)

   北村聡(バンドネオン)

   喜多直毅(violin)

言葉:乾千恵

場所:ポレポレ坐(東中野)

   〒164-0003 東京都中野区東中野4-4-1

   03-3227-1405

料金:予約3,000円 当日3,500円

ご予約・お問い合わせ:

   03-3227-1405(ポレポレタイムス社)

   Email : event@polepoletimes.jp

 

2013年12月から2014年1月にかけて行われた『オペリータ“うたをさがして”』ツアー。
東京からスタートして、その後、京都、神戸、岡山、広島、岩国…と公演を行いました。
それぞれの会場で大きな拍手を頂き、お越し下さった方々の胸に今でも一つの灯火としてコンサートの記憶が燃えているのではないかと思います。

このオペリータの元となったのは乾千恵さん(書家・詩人)が東日本大震災の津波に着想を得てお書きになったテキストです。
これに音楽監督の齋藤徹さんが曲を付け、小さなオペラ(オペリータ)にしました。

オリジナルメンバーは齋藤徹(cb)、Olivier Manoury(bandoneon)、Jean Sasportes(dance)、さとうじゅんこ(vocal)、喜多直毅(violin)の五名。
しかしじゅんこさんが止むを得ぬ理由でツアー前半を休む事に…。
代わりに歌って下さったのが松本泰子さん。
じゅんこさんとは全く違う角度から作品に歩み寄り、オペリータに新たな命を吹き込んで下さいました。
幸いにもじゅんこさんが途中からツアーに参加出来る事になり、岡山公演からはツイン・ヴォーカルと言う贅沢なコンサートとなりました。

そんなオペリータをCDと言う形で、再び皆さんの前にお届け出来る事になりました!!!
実際に会場でご覧になった方は勿論、『見逃した!』『今、初めて知った!』と言う方にこそ是非聴いて頂きたい作品です。

今回のポレポレ坐のライヴはCDの発表を記念して行われるものですが、スペシャルメンバーとしてバンドネオンの北村聡さんをお迎えします!!!
北村さんと言えば現在の日本のタンゴシーンを牽引する最重要人物の一人。
タンゴだけではなくクラシック音楽や現代音楽の演奏でも大活躍です。
また僕のグループ(喜多直毅クァルテット)ではアンサンブルの中で重要な役割を引き受けてくれています。

ちなみに2/12はこの素晴らしきバンドネオン奏者と日本の誇るコントラバス奏者・齋藤徹さんの初共演ライヴです。
どうぞこの点にもご注目下さい!

と言う事で…、是非是非皆さんにご覧頂きたいオペリータです!
この作品には本物の感動があると僕は思います。
ご期待下さい!

2015年2月14日(土)14:30開場 15:00開演

“Mesa”ブラジル音楽の食卓へ

出演:Mesa

   オオタマル(gt)

   さとうじゅんこ(vo)

   齋藤徹(cb)

   喜多直毅(vln)

場所:Madeira(築地)

   〒104-0043 東京都中央区湊3-4-11

   TEL: 03-3551-6587

料金:3,500円

ご予約・お問い合わせ:

   お問い合わせフォーム

   TEL: 03-3551-6587

2015年2月15日(日)14:30開場 15:00開演

Roger Turner(dr)齋藤徹(cb)喜多直毅(vln)

出演:Roger Turner(drums & percussion)

   齋藤徹(contrabass)

   喜多直毅(violin)

日時:2015年2月15日(日)14:30開場 15:00開演

場所:公園通りクラシックス(渋谷)

   東京都渋谷区宇田川町19-5 東京山手教会B1F

   080-6887-5957(横田)03-3464-2701(会場)

料金:予約¥3,000 当日¥3,500

予約・問い合わせ:

   080-6887-5957(横田)book.k-clscs@ezweb.ne.jp

 

フリーインプロヴィゼイションの世界を牽引し続けるドラム奏者・Roger Turner氏。

“大御所”です。

彼とは2011年にロンドンで共演しました。

セッションリーダーは千野秀一さん(pf)。

以来ずっとあのスリリングでエキサイティングな演奏が忘れられず、また共演出来ないかなぁとずっと思っていました。

 

すると彼からメールが…。

東京で齋藤徹さんと僕のトリオをやりたいので、ライヴをブッキングしてくれとの事。

『喜んで!』と引き受けたのがこのライヴです。

 

あの頃の僕と今の僕は相当違っているはずです。

だから前とは別の内容の音楽が出来るんじゃないかと、とても楽しみにしています!

 

ところで徹さんによると、徹+直毅+海外の演奏家と言うトリオが面白いのではないかとの事。

確かに!

例えばBertrand Gauguet(sax)やXavier Charles(cl)とのトリオ演奏では別世界的な音楽が生まれました。

2015年はこの様なアンサンブルが何度か行われると思いますよ!

お楽しみに!

2015年2月22日(日)14:00開演

喜多直毅&黒田京子デュオ

出演:黒田京子(pf)喜多直毅(vln)

場所:Apple Jump(池袋)

   東京都豊島区西池袋3-33-17 東武西池袋サンライトマンションB1

   03-5950-0689

料金:お店に直接お問い合わせ下さい。

ご予約・お問い合わせ:

   03-5950-0689 hardbop-mode57@aria.ocn.ne.jp

   予約フォーム

Please reload

喜多直毅 Naoki Kita